So-net無料ブログ作成

JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第2回公判前整理手続きが22日、神戸地裁(岡田信裁判長)で非公開で行われた。関係者によると、起訴状の認否までは進まなかったとみられる。

 今年3月に第1回公判前整理が行われ、地検は証明予定事実を提出。これまでに弁護側と検察の間で、起訴状についての説明を求める「求釈明」や、回答が数回されている。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
JR福知山線・神戸線で信号故障、20万人超す影響
地検の前社長起訴を鉄道事業者はどう考えたか JR福知山線脱線事故
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<ごはんうどん>ふっくら炊きたてから麺 JA福岡中央会が発表(毎日新聞)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)

高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)

 国土交通省が発表した高速道路の新料金制度や、政府が国会に提出した道路財政特別措置法改正案をめぐり、民主党内から異論が相次ぎ、政府・与党内の新たな火種となっている。

 同法案は、土日・祝日の「上限1000円」などの料金割引に充てている財源の一部を高速道整備に使えるようにするもので、12日の衆院本会議で審議入りした。

 民主党の川内博史衆院国土交通委員長は15日の国交省政策会議で、新料金制度について「地元が持たない」など出席者から異論が相次いだのを受け、「これでは審議ができない」と述べ、法案成立に否定的な考えを示した。

 川内氏は16日も都内で記者団に「せっかく国民の利便増進につながる割引制度ができたのに、わざわざ廃止して道路整備に回すのはおかしい」と反対を表明した。政府提出法案に与党の委員長が反対を公言するのは極めて異例のことだ。

 新料金制度については、中谷智司参院議員ら四国選出の与党国会議員が16日、前原国交相に会い、本州四国連絡道路の上限料金が他地域より割高に設定されたのはおかしいとして見直しを求めた。

 民主党の山岡賢次国対委員長は16日、国会内で前原氏らと会談し、政府・民主党首脳会議で新料金制度について議論するよう要請した。しかし、新料金制度では、現行料金から値上げになる地域もあるだけに、早期の事態収拾が図れるかどうかは不透明だ。

空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)

<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)

 北海道稚内市で09年3月、同居していた女性の長男(当時4歳)を水風呂に押さえつけて水死させたとして傷害致死罪に問われた同市朝日6、無職、対馬博臣被告(39)に対し、旭川地裁は12日、懲役8年(求刑・懲役10年)を言い渡した。河村俊哉裁判長は判決理由について「常習的な虐待行為の一環。十分抵抗できない4歳児に一方的かつ執拗(しつよう)に暴行を加えた。動機に酌量の余地はない」と指摘した。対馬被告は控訴する方針。

 弁護側は「被告は寝ていた」と一貫して関与を否定し、同居していた本望哉恵受刑者(26)=懲役7年が確定=の暴行で長男が死亡したと主張していた。

 しかし、河村裁判長は「対馬被告の供述には不自然で不合理な点が多数見られ、信用できない」と退けた。

 判決によると、対馬被告は本望受刑者と共謀し、09年3月28日午後7時半〜8時10分、自宅浴室で本望受刑者の長男、龍生(りゅうせい)ちゃんの頭を水風呂に押さえつけておぼれさせ、翌日、死亡させた。【横田信行】

【関連ニュース】
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多
児童虐待:施設の保育士や指導員 大阪
性的虐待:養護施設の児童に 職員を懲戒解雇 岡山
虐待:容疑の行司逮捕…3歳長男の背中ける 妻が被害届
大阪虐待死:死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述

名張毒ぶどう酒事件 84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
<火災>粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮(毎日新聞)
台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)
首相の核安保サミット出席を発表=拡不拡散に協力表明へ(時事通信)
張が3連勝で初防衛=囲碁十段戦(時事通信)

「茨城美少女図鑑」第2弾、モデルが配ってPR(読売新聞)

 茨城県内の一般女性をモデルにした写真集形式のフリーペーパー「茨城美少女図鑑」の第2弾が15日、発刊される。

 発刊を前に3日、JR水戸駅ビル「エクセル」で先行配布が行われ、モデルの“美少女”たちが1冊ずつ手渡してPRした。4日も500部限定で配布する。

 美少女図鑑は、2002年に新潟市で広告企画会社が創刊し、全国各地に広がった。県内でも小野写真館(ひたちなか市)が昨年10月に第1弾を発行、2万部が3日間で品切れとなるほどの反響を呼んだ。

 第2弾は、モデルに約300人が応募。25人が選考を通過し、水戸市や常陸太田市の街並みの中で撮影された。今回のテーマは「サウンド(音)」で、音が感じられるような作品が並ぶ。小野写真館代表の小野哲人さん(35)は「内容のこもった物が出来た」と期待を込める。

 モデルとなった常陸大宮市八田、高校3年の松原菜摘さん(18)は「自分に自信が持てるようになりたい」との思いで応募した。花屋で撮影した計5カットが掲載され、「自分を生かしてくれて満足」と大事そうに図鑑をめくっていた。

 3日の先行配布会場には、開始前に100人近くが列を作り、用意された500部は約50分でなくなった。サインや記念撮影を求める人もおり、女子高生から「年が近くて親近感がある」「かわいくて本格的」など声が上がった。

 エクセルと、ひたちなか市新光町の商業施設「ファッションクルーズ」で15日から2万部が無料配布される。

<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)
外国人参政権付与 石原知事が「反対」(産経新聞)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
【衝撃事件の核心】校長室、踊り場…校内をラブホ代わりに突っ走った“W不倫”の顛末(産経新聞)
女児にわいせつ 消防士長を逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)

「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕(産経新聞)

 出会い系サイトで援助交際相手を募って少女を紹介する「援デリ」を運営したとして、警視庁少年育成課と池袋署は児童福祉法違反(淫行)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都港区新橋、無職、亀浜元気容疑者(32)を逮捕した。同課によると、亀浜容疑者は「アルバイト感覚で始め、これまでに約30万円の利益があった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年8月29日、台東区在住の都立高校2年の女子生徒(17)が18歳未満と知りながら、茨城県在住の男性公務員(30)に紹介し、豊島区池袋のホテルで女子生徒に3万円でわいせつな行為をさせたなどとしている。

 同課によると、亀浜容疑者はスカウトマンを通じて紹介された女子生徒ら15〜17歳の少女計3人を「キャスト」として雇い、売春をさせていた。亀浜容疑者が女性を装って携帯電話の出会い系サイトで客を募集し、客から受け取った代金の半分を女子生徒らに支払っていた。

 また、亀浜容疑者は「援デリ事業計画書」と称した文書を自ら作り、3カ月間の売り上げ目標や顧客の獲得方法などをまとめていたという。

【関連記事】
デリヘル「痴漢車トーマスくん」 経営者と女子高生を逮捕 警視庁
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
見た目はデリヘル、実際は… 風営法違反容疑で6人逮捕
警視庁機動隊員を逮捕 出会い系で知り合った女子高生にわいせつ容疑
デリヘル嬢に薬飲ませ強姦 いわき市職員逮捕

チューリップ900株無残…花博記念公園でまた(読売新聞)
環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>発覚直後に在庫を投棄 天洋が証拠隠滅か(毎日新聞)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
送迎バス事故で子供ら7人けが=乗客避難、直後に炎上−大阪(時事通信)

JWALK中村容疑者、覚せい剤・コカインで起訴(読売新聞)

 東京地検は29日、ロックバンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)を、覚せい剤取締法違反(所持、使用)などで東京地裁に起訴した。

 起訴状などでは、中村容疑者は今月8日、東京都港区内の路上に駐車した乗用車内で固形状の覚せい剤を服用し、翌9日も乗用車内で袋に入った覚せい剤0・67グラムを所持していたとしている。

 中村容疑者の自宅からは覚せい剤のほか大麻の吸い殻やコカインも押収されており、同地検は、コカインの所持についても麻薬取締法違反で起訴した。吸い殻については、「大麻の成分がほとんど残っていない」として不起訴(起訴猶予)とした。

貨物船衝突 1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡(毎日新聞)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」−仙谷戦略相(時事通信)
エクアドルが地デジ日本方式採用 南米で6カ国目 (産経新聞)
マンション侵入、現金強奪 強盗致傷容疑で男逮捕(産経新聞)
列車往来危険の疑いで捜査=市営地下鉄トラブルで大阪府警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。